關於聯想

KEIBAの工具は神戸製鋼所に依頼して、オリジナルの鋼種(1.クロームバナジュウム鋼・2.高炭素工具鋼)を二種使用しております。

The materials used for KEIBA Tools.
Two types of our original steel materials are used for KEIBA Tools. They are 1) High Carbon Tool Steel and 2) Chrome Vanadium Steel made by Kobe steel Mills on our special requirement.



【同業他社の例】

殆どがS55CかS55Cのカーボン量の上限に相当するS58Cが一般的で、これらでも硬度としては、焼き戻しを調整することによりHRC62位までは出すことができます。しかしマルトロイのような高級材を使用して、充分な焼き戻しをして余裕をもって出した硬度と同じ硬度であっても、耐久性(耐摩耗性)靱性等に差がでるのは当然であります。では何故、高炭素鋼材を使えないのか、それは主に焼鈍工程の差によるものです。

Most of other manufacturers in the same industry are using S55C or S58C Carbon Steel materials for their products. These materials can be hardened up to the upper limit of HRC62 by tempering technology. When better materials are used, even in the same HRC62 hardness with more room for higher hardness, the tools will be much more durable and tougher. Then, why can not other manufacturers use the better materials? It is simply because of different annealing system.



【焼鈍炉】

外国の同業メーカーでは、焼き鈍しの工程さえ行っていないようですが、この工程は良い材質を使いこなす上で重要であり、大がかりな設備を必要とし、エネルギーコストを含めてコストのかかる工程です。マルトの方式はバッチ式で、1日1サイクルで運転されます。温度管理は予めインプットされている、プログラムコントロールにより正確に管理されています。熱源は灯油使用のバーナーで燃焼されて、ラジアントチューブと呼ばれるU字型のチューブを通して間接的に炉内に伝えられる方式です。この炉で10h/サイクルで処理されています。ちなみに同業他社では、コンベア方式の連続炉を使用しているために、炉内滞留時間がせいぜい4~5時間しかとれません。従って本来の焼き鈍し工程である、ゆっくり加熱し充分な保持時間後除冷ができません。従ってC量が0.6以上の鋼種が実際上使えません。(焼鈍後のコイニングや機械加工に問題が生ずる。)

[Annealing Furnace]
Some foreign hand tool manufacturers don't have annealing process at all for their products. The annealing process is very important in handing better steel materials. It takes larger scale facilities and is very costly including energy consumption. We use the batch system operated by one cycle a day. Temperatures are precisely controlled by program controller, in which numerical requirements can be put. Kerosene burner is the heat source and U shape radiant tube holds indirect heat in the furnace. All our products are annealed in this furnace in 10h/cycle. Most of our competitors use conveyer system continuous furnace, which can be hold blanks only for 4~5 hours. It is not the way should be. Blanks should be heated very slowly for longer hours, and then cooled off. In continuous furnace system, the better steel materials such as high carbon steels more than 0.6 can not be used. If they are used, there will be problems in coining or machining processes after annealing.


【使用ユーザーの声】

刃の耐久性については、KEIBAのマイクロニッパーやプラスチック用ニッパーでユーザーから直接「刃の切れ味が他社と比較して永く持続する」との声をよく聞いております。

[What end users say]
Many end users write or call in to tell us that KEIBA Micro Nippers and Plastic Cutting Pliers give them much better cutting feel and they wear much longer than any other brands.